直管形LED電球


直管型LED電球について

 
現在取り扱っている直管形LED電球はテス・ライティングの商品になります。
主力は 40W(ワット)タイプの物ですが、 20W(ワット)タイプもご用意できます。
 
光の色は 5,000K(ケルビン)の昼白色と 3,000K(ケルビン)の電球色の二種類。
 
昼白色の40W形LED電球の光束は 2000lm(ルーメン)で演色性は Ra80 です。
電球色の40W形LED電球の光速は 1900lm(ルーメン)で、演色性は昼白色と同じく Ra80となっています。
消費電力は20W(ワット)で、設計寿命は 40000時間。
 
昼白色の20W形LED電球の光束は 1000lm(ルーメン)で演色性は Ra80 です。
電球色の20W形LED電球の光速は 900lm(ルーメン)で、演色性は昼白色と同じく Ra80となっています。
消費電力は10W(ワット)で、設計寿命は 40000時間。
 
電源電圧は100V(ボルト)でも200V(ボルト)でも大丈夫な設計ですので、既存の照明に電圧がバラバラな器具が混在していても問題なしの商品です。
 
蛍光灯電球は360°方向に光を放ちますし天井も明るくはなりますが、作業をする手元に届く光はその光のうちの一部です。
こちらの直管型LEDの光は下部方向、つまりはほぼすべての光(全光束)が手元に集中して届くので、天井面への光が無くとも明るく快適な環境を作ることができます。
天井面が暗いと部屋全体が暗く感じてしまうという人間の感受性の問題もありますが、工場や学校、作業スペースへの施工には最適で、細かい作業をする会社でも好ましいLEDだといえるでしょう。
 
このLED電球は角度を変えられるという特徴があり、電球の金具両端にある角度調整の機構を操作することで光を直下に照らすこともできますし、天井を照らしたりするなどが可能になりますので、既存の間接照明を生かす演出もできる様になります。
 
角度の調整はいたって簡単で、つまみを引っ張りながら回すだけです。
「カチッ」と音が鳴ってつまみが固定されれば角度が固定されます。
  


直管型LED電球の工事について

 
直管形LED電球を採用されるに当たり、当社では器具の改造を同時に行っています。
紹介している電球は電源を直結するタイプの製品のため、器具内部の配線を組み換えて不要な安定器への通電も停止させます。
 
安定器への通電がされたままですと、安定器そのものの待機電力消費が発生してしまうためそれだけで無駄な消費電力が発生してしまいます。
内部の配線を組み替えることで、電源を電球と直結できるよう改造できるので既存の器具を生かす事ができるのも特徴です。
 
ただし、湿気の多い場所や腐食性ガスが多量に発生する場所にはおすすめできませんので、設置する場所への配慮も必要となります。
 


直管型LED電球施工写真

お問い合わせ可能時間

8:00-19:00

業務営業時間

8:00‐20:00

休日:日曜日・祝祭日


〒506-0813

岐阜県高山市塩屋町551-416

Tel:0577-34-2633

fax:0577-34-2829